健康的に快適に過ごせる!寝室コーディネート

寝室のコーディネートのコツ

 

こんにちは、さたボウです。

まず、ベッドを窓際にピタッとくっつけているお部屋をよく見かけますが、健康的に寝室を使うなら、窓際にベッドをピッタリくっつけて置かない、これが一番重要なポイントです。

ベッドを窓際に置くことで、窓の冷えた空気によって、体を冷やしてしまい、風邪を引いたりするといったデメリットもあります。

快適な睡眠する空間で体調を崩さないようにするためにも、ベットの配置には気を配りたいものです。

スポンサーリンク

壁側にベッドを設置するとカビが発生する場合もある

寝室のコーディネート

 

家具を配置するときに部屋を広く見せる、ということで壁にピタッとくっつけがちになります。

しかし、壁にピタッとくっつけると良さそうに思えますが、これは間違いです!

なぜ、ピタッとくっつけてはいけないかというと、壁と家具が密着しているので、空気が循環しないことにより、結露してカビが繁殖します。

快適な睡眠をとる空間がカビ臭く陰湿な空間になってしまいます。

とくに、最近夜になると喘息の症状が出るなどと言った人は、一度掃除をして窓や壁から少し間をあけた方がいいです。

掃除をしやすくし、カビの繁殖を防ぐためにも家具を壁にはピタッとくっつけないように心がけましょう。

睡眠は人間が生きていくうえで欠かせないことです。

お部屋を開放的にオシャレに魅せるポイント

寝室のお部屋

 

 

このように、全体的に家具を低くして、天井と床の距離を幅広く開けます。

狭いお部屋でも開放的な空間が作れます!

また、ベッドもシンプルタイプより、ちょっとライトなどがついた機能性も充実しているオシャレなデザインベッドを設置すれば、誰が見てもカッコいいと思われます

とくに、ヘッドボード部分に引き出しがついているタイプは、小物類をまとめられるので、余計な物をキレイに片づきます。

普段良く使う時計 アクセサリー類を入れておけばベッド回りがスッキリですね。

またこのベッドは、当サイトにも紹介しています。

めっちゃシンプルでかっこいいので、空間を広く見せたいオシャレを出したいという人は一度チェックするのもいいですね。

余計な機能はいらない!デザインローベッド

コメント