狭い部屋の収納方法のテクニックとオシャレなコーディネート

収納術

 

こんにちは、さたボウです

まず洋服や本、食器など、生活用品や雑貨類を整理収納する家具を総称して収納家具と呼びます。 クローゼットやキャビネット、たんすなどが代表的です。

雑多なものを収納することでお部屋をスッキリと見せることが出来ます

コレクションを展示できるタイプの収納家具もあり、一人暮らしのお部屋では「見せる収納」として利用すると、おしゃれな部屋作りのスパイスになります。

一方、狭いお部屋の収納術は、狭いお部屋はへやの床面積が小さいのでお部屋の空間を利用します。

空間を利用する方法は、高さのある家具を使用することにより、お部屋の収納力をアップさせます。

高さのある家具は、壁の色と同じまたは、同系色を使うことにより、 部屋の中で感じられる圧迫感を少なくします。

備え付けの収納がある場合は、必ず有効利用しましょう。

クローゼットや押し入れは、仕切りがないのでぐちゃぐちゃになってしまいがちですが、きちんと仕切りを作ることにより、キレイに収納ができるようになります。

スポンサーリンク

整理整頓が狭い部屋に限らず重要!

収納方法のテクニック

 

当たり前ですが取り入れた洗濯ものにも、そのままほかってあるのとたたんで置いてあるのでは、お部屋の印象がまるで違ってきます。

だから、狭いお部屋の整理整頓を怠らないようにしてください。

すぐに使うものはいつでも取り出し可能ができるように近場に置き、あまり使わなくて、たまに使うものは遠くにしまっておくようにします。

遠くとはめったに使わない箱にしまうことです。

そうすることで、お部屋が汚れにくくなります。

遠くにかたずけたものを取り出すときに、どこにしまったのか、忘れる場合がありますが、メモを取るといいでしょう。

オシャレを取り入れた収納術!

狭いお部屋の収納方法

 

また、小物や雑貨がたまってきた場合、又は見せるように収納したい場合は、見せる収納術としてウォールバーやウォールラックをおすすめです。

これらを上手に活用することにより、収納とお部屋のデザイン力が加わってきます。

一方で、狭いお部屋にベッドを選ぶときは、お部屋の広さと人数で合わせます

例えば6畳サイズであればダブルサイズやクィーンサイズ、または、収納付やロータイプなど、あなたのお好みと見た目と機能性から選びましょう。

また、ベッドの選び方は別ページに載せています。

コメント