観葉植物をお部屋に取り入れてオシャレに設置するコツ

水やり不要の観葉植物

 

こんにちは、さたボウです。

観葉植物は、簡単にゆとりある空間を創造することができるアイテムです。どんなスタイルの空間でも豊かな心と癒しをもたらしてくれます。

例えば、モダンでクールなインテリアのお部屋では、温かさをもたらし、ナチュラルなお部屋では自然な感覚を引き出し、アジアンなお部屋にはリゾート風な感覚を演出することができます。

観葉植物は、お部屋のインテリアスタイルの魅力を引き出してくれる優れものです♪少しでもリラックスできる空間や時間を作りたい人におすすめです。

お部屋の環境によっても異なりますが基本的に、邪魔にならない場所を選ぶようにしましょう。そして、エアコンの下など、植物が痛みやすい場所を避けて選びます。

観葉植物によって、日当たり条件を考慮する、部屋の向き、窓の大きさは、季節による日当たりの変化といったことにも左右されるので、そのことも覚えておくと育てるときにも楽です。

スポンサーリンク

半日陰な場所でもOKな観葉植物

パキラ

 

これはパキラ7号サイズといって、半日陰な場所でも大丈夫な観葉植物です。

洋風なお部屋でも和風なお部屋でも素敵にマッチ!

1鉢、飾るだけで、存在感バッチリでお部屋やオフィスに潤いが。

届いたその日からとっても心地よい空間になります

日中、蛍光灯をつけていなくても新聞が読めるくらいの明るさを目安にするといいです。

観葉植物は、もともとのその観葉植物の原産地で育つ環境と同じ明るさを好みます。

環境にあった場所で育てることで、元気で、生き生きとした状態を楽しめます。

パキラ7号サイズ

明るい場所を好む観葉植物

ユッカ

 

これはユッカといって、明るい場所が好きで寒さに強い観葉植物です。

幹も特徴的で、幸福の木の幹よりやや木の色に近くなり、メロンのようなおうとつがある木肌も楽しめます。

とくに、レースのカーテン越しなどの明るい場所で育ちます。

青年の木ユッカ

机の上で楽しめる観葉植物

ハオルチア・ウンブラティコラ

 

これは、ハオルチア・ウンブラティコラといって、机の上やオフィスのデスクや受付などで楽しめる小さめのサイズの観葉植物です。

小さめのサイズの観葉植物は、リビングルームのパソコンやテレビの横、トイレや玄関を、小さな観葉植物を飾って、素敵な空間になります。

小さな観葉植物がふと目に入るだけで、やさしい気持ちになりそうです。

リビングルームだけでなく、オフィスの受付やデスクの上で、ちょっと飾って、仕事のちょっとした時間を、かわいい観葉植物でいやされたいと思う人におすすめです。

また、ハオルチア・ウンブラティコラの特徴は、葉先がやや透明がかったように見え緑の宝石のような植物なため、別名、クリスタル プラントととか「砂漠の宝石」も呼ばれています。

葉が透明がかっているのは、葉先がやや透明であることで、大きなレンズの役割をし、その葉先の透明な部分から光を集め、効率よく少ない光でも光を集めることができるようにするためにそのようになっています。

そのためあまり強すぎる光は好まず、室内のレースのカーテン越しくらいの明るさで育ちます♪

ハオルチア ウンブラティコラ

観葉植物の選び方!

観葉植物の選び方

 

観葉植物の選び方は、どの部屋にどんなタイプの観葉植物を置くのか、お部屋のイメージを決めてから選ぶと良いでしょう。

ポイントは、人の視線を集めたい場所をどこにするのか、どのように演出したいのかを決めることです。

お部屋に入った時、最初に観葉植物が目に入ってくる場所で、その部屋のシンボルになるような大きな植物を置くと雰囲気あるインテリア作りにすごく効果的です。

玄関は日が届かないので、日陰専用のパキラなどの観葉植物もありますが、いくら日陰に強い観葉植物でもまったく日が当たらない場所では成長することができないので注意が必要ですよ。

観葉植物を置く利点は、お部屋の空気を和らげてくれて、お部屋全体に自然な感じをするイメージを演出することができます。

観葉植物を欲しいけど育てるのが面倒な人は?

葉がいっぱいあると、枯れてしまい、枯葉が床に落ちてしまうことがあるので、毎日のお手入れが必ずできる人はいいと思いますが、忙しくてなかなかお手入れができない人は、観葉植物がどのように成長するのか、しっかりと購入する前に調べておくこともいいことです。

たとえば枯れない、空気をきれいにする、水もいらない観葉植物の光触媒「ひかりしょくばい」という種類もあります。

コメント