あのころの時代!1940年~1960年頃のようなミッドセンチュリー

ミッドセンチュリースタイル

 

こんにちは、さたボウです。

1940年頃~1960年頃に米国で流行ったいわゆるミッドセンチュリースタイルを今でも愛している方が多いと思いますが、ミッドセンチュリーインテリアコーディネートで使われる素材は主にプラスチック性のものが多く、色はカラフルでポップなものからシックなものまで様々です。

 

ミッドセンチュリー

 

これは、今から50年以上前のデザインです。

レトロなデザインベッドは、懐かしく感じさせるミッドセンチュリーです。

また、1940年代から1960年代にかけては、イームズ夫妻やジョージ・ネルソン、ヨーゼフ・ホフマン、イサム・ノグチなど現代でも、聞く名前の有名なデザイナーが活躍した時代です。

そのため、イームズチェアなど、商品にデザイナーの名前がついていたりすることも珍しくありません。

 

1940年~1960年頃の家具

 

このチェアはイームズデザインのものです。

今では、カラーバリエーションが豊富でさらに人気です。

良くカフェなど飲食店でよく見かけるたりします。

スポンサーリンク

レトロな空間にする場合

レトロのお部屋

 

小ぶりの家具やインテリアを選び、ベースとなるカラーでまとめます。

また、テーブルのとなりに同じ系統の色をしたラックを置いてみるとさらに、ミッドセンチュリーな雰囲気になりますよ♪

このように、ちょっとサビっこく使いこなしたような家具を取り入れるだけでグッド。

アメリカでは、よくあるポップのようなデザインとテーブルが少し明るめなら、お洒落で明るい深みと味わいのある雰囲気をより一層引き出してくれます。

懐かしさを感じさせる!くつろげる空間にする作り方

フライミー

 

アメリカンテイストのおしゃれなレトロ家具やインテリアを揃える。

また、ダークブラウンの家具をそろえても、ミッドセンチュリーの印象になります。

ミッドセンチュリーは、他のインテリアにはない自由度が高いスタイルです。組み合わせ次第でお部屋の印象がガラリと変わります。

自分が描いているお部屋のイメージを一度、絵などにしてみて、他の人には真似できない自分オリジナルのスタイルを作ることもできます。

また、これらのアイテムはフライミーという、レトロな家具が揃うショップにあります。

価格はそこそこしますが、それなりに納得がいく家具ばかりですよ。

フライミーを見る

コメント